脱毛器の基本的な使い方

脱毛器には基本的な使い方があり、まず使用する前に処理する部分のムダ毛を剃っておきます。ムダ毛が伸びた状態で使用するとその部分に反応し、毛が発熱してヤケドをする可能性があるため必ず行う必要があります。ただし、毛を剃ると肌に負担がかかるので脱毛の直前は避けた方が良く、前日あるいは2〜3日前までに、カミソリやシェービングで剃ることが望ましいとされています。

脱毛器情報を豊富に提供しています。

この際毛抜きを使用すると、皮膚に毛根が残り効果が弱くなるので注意が必要です。


そして、脱毛器の光を照射した時は熱さや痛みを感じます。


照射のレベルを上げると痛みが増してしまい、ヤケドなどの肌トラブルが発生する場合があるので、痛みは少し感じるくらいのレベルで行うことが理想的です。

しかし、脱毛する部位により最適な出力のレベルは異なるので、部位によってパワーは変える必要があります。



それから、脱毛器の光を照射する前には、照射する時の痛みを和らげたり、熱から肌を守るために、保冷剤などでその部分を数秒間冷やすことが大切です。

実際に脱毛する部分に光を照射する際は、照射の範囲が重なることを避けたり、照射の漏れが起きないようにするため、少しずつ位置をずらしながら照射していきます。

この時、どの部分を照射したのか分からなくなる場合があります。



それを防ぐために、メイク用の白いペンシルなどで1本の薄い線を引いてから、その線を目印に照射していくと効率的に作業することができます。
さらに、脱毛器を使用した後は、肌の炎症を鎮めるためにしっかりと冷却し、その後肌の乾燥を防ぐために、化粧水などでしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。